劇団 短距離男道ミサイル とは / About
2011年4月、東日本大震災の直後に「仙台、東北、そして日本を笑顔にしたい」「なにか自分たちにできることはないだろうか」という想いの元、仙台の若手男性俳優(当時)によって結成された劇団。東北の風土に磨かれた作品性を軸におき、ストーリー性よりも各シーンの爆発力・瞬発力で勝負していく。その特異なスタイルによって生み出される作品群は、“テンションとエモーションにおいて世界レベル”と評される。 全国規模で活動を展開するとともに、地域へのアウトリーチ事業にも積極的に取り組んでおり、幼稚園・保育所や小中学校・高校への芸術家派遣事業、文化施設とのコラボパフォーマンス、様々なジャンルのフェスティバルや地元のお祭りへの出演、結婚式の余興など、その活動は多岐に渡る。 2017年6月「CoRich舞台芸術まつり!2017春」にて、『母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ』がグランプリを受賞。2018年3月には、「若手演出家コンクール2017」にて『走れタカシ~僕が福島まで走った理由(わけ)~』が、最優秀賞・観客賞をW受賞。「 仙台、東北、日本、そして世界に活力を注入するために。我々は、服を脱ぎ続けます!!! 」
<沿革>
2011年4月、“1発目”「CAN魂」着弾 。
震災発生直後、私たちは何もできなかった。
仕事もなく、使える劇場も稽古場もない。そんな状況下、“演劇なんてやってる場合か” “演劇は無力だ” という声が聞こえる最中、劇団 短距離男道ミサイルは産声をあげる。記念すべき1作目は、有志団体で集まってバレエスタジオを借り、収入の一部を寄附するチャリティ公演企画の演目のひとつだった。
各団体がそれぞれ震災へ向き合う作品を上演するなか、我々が選んだのは「裸」であった。いやむしろ、「裸」しかできなかった。
男6人が汗だくになってとにかく叫び続ける姿を見て、観客は戸惑い、笑った。
2012年12月、はじめての“ツアー”。
CAN魂以降、仙台の面白そうな若手男優(当時)の青田刈りによって勢力を増した我々は、9発目「佐川、あれはイキ過ぎた男」で劇団初の仙台・京都・名古屋の三県ツアーに挑むこととなる。おっかなびっくり向かったツアー先の各地で温かい応援を頂き、「あれ、俺ら案外いけるんじゃね?」と勘違いするキッカケになった公演であった。また、ミサイル恒例となった”8人乗りキャラバンに出演者と美術をぎゅうぎゅう詰めツアー”がこの頃に確立された。
そして、長きに渡る交通事故との戦いが幕を開けた。

2013年11月、はじめての“受賞”。
9発目「イキ男」で『若手演出家コンクール2013』に応募していたことを演出家の事後報告で知る。
その後12発目「裸のリア王」の4都市ツアーにて、ETCゲートを全壊させた事故にもめげず、その勢いで二次審査も突破。この時点で優秀賞の受賞が決まり、東北の劇団としては初の快挙を成し遂げる。そして2014年3月、13発目「F/O」をひっさげ意気揚々と下北沢に乗り込んだが、最終審査では惜しくも得票数2位、観客票2位。どちらも2位と全然オイシくない結果に終わり、苦汁を嘗めることとなった。下ネタに寄り過ぎたからだろうか。
2017年3月、はじめての“ぐらんぷり”。
対ゲキツアーを経て、これまでとこれからのことを話し合い、見つめ直した我々は、武者修行の旅に出る。
20発目「人間失格」にて、キャンピングカー1台にキャスト・舞台美術・機材を満載にして東北6県21都市を回るというツアーを敢行。東北を背負って立つには、まず我々が東北を知り、そして、東北の皆様に知ってもらわねばなるまい!!という意志のもと、たくさんのお客様の温かい声援を賜り、陸奥の厳寒にもアイスバーンにも負けず、ミサイル初の無事故で帰還した。
終わってみれば、対ゲキツアーを上回る集客も達成し、今後の劇団の活動指針ともなる、貴重な東北の風土や人々との出会いに恵まれた公演であった。
さらに、“評価基準からはおこぼれする、点数化できない魅力”を評価いただき、『CoRich舞台芸術まつり!2017春』にてグランプリを受賞、日本一の座に輝く。目に見えて減った借金額に狂喜乱舞の時期がしばらく続いた。 (まだ完済していない)
2018年3月、2どめの“日本一”
2017年10月、東北6県に北九州、東北と同じく地震の被害に遭った九州の2都市を加え、20都市を回った23発目「走れタカシ」ツアー。半年ぶりに再会した東北の皆様、初めましての皆様にたくさんの元気をいただいた。ツアー最終地の熊本では、初めて着弾するにもかかわらず、我々を手厚く歓迎頂き、温かい言葉をかけてくださった。また見たいと言って応援してくださるお客様方のために、これからも服を脱ぎ続けよう。そう固く心に刻んだツアーであった。そんな思いを胸に、2018年3月に満を辞して臨んだ『若手演出家コンクール 2017』にて、最優秀賞と観客賞をW受賞。4年前の雪辱を果たす。審査員の講評で頂戴した、“この作品を見たら、みんな演劇を好きになると思う。”というお言葉が今でも胸に残っている。喜びの漢泣きに震えた総合演出・澤野は夜の下北沢の街に消え、そしてルームランナーで毎ステージ約10km走り続けた疲労によりヘルニアとランナー膝になった、満身創痍の主演・隆はピリオドの向こうへ走り去ったのだった。
2019年4月、そして、“いま”
月日は百代の過客にして、行き交う君もまたミサイルなり。
数多の出会いと別れを重ね、再び大きな節目を迎えた我々、劇団 短距離男道ミサイルは、これからも火力を弱めることなく、より一層パフォーミングアーツに真摯に向き合い、更なる高みを目指して飛び続けてゆく。
我々のパフォーマンスを観たいと言ってくれる方が、一人でもいる限り。
世界に平和が訪れるまで、我々は服を脱ぎ続けます。